乾燥肌はバリアで防ぐ!「セラミド」がベスト!

保湿成分の中でも注目されているのが「セラミド」。
でも、コラーゲンやヒアルロン酸のように有名ではありませんよね?
こんなに凄い成分があるのに、もったいない!
是非知っていただきたい成分です!

①セラミドって何?

セラミドは、お肌のバリアの役割を果たし潤いを与える成分です!
この成分、お肌の一番上の層にあり、細胞と細胞の間にあります。
イメージとしては、スポンジのように水分や脂分を抱えこんでいる感じですね!

この成分は、お肌だけでなく、髪の潤いを守るのにも欠かせない働きをするんですよ?
しかも、このバリア機能の内、半分がセラミドで占められているというから驚きです!

②セラミドの最強のバリア機能!

セラミドにはいくつか種類がありますが、天然のセラミドはとっても優秀です!
ヒアルロン酸とまではいきませんが、お肌に潤いの効果を与え、その潤いを外部から守るためにバリアをはってしまうんです!
お肌はもともと、外部からのダメージを受けないように、自然とバリアをはる機能を持っているのですが、この機能を助けるのがセラミドなんです!

セラミドがお肌にあることで、しっかりに潤いますし、潤うことで外部からのダメージが入り込む隙間をなくし、みずみずしいお肌を保つことができるんですね!
言い換えれば、セラミドの減少は、お肌のバリア機能の低下に直結してしまうということ。
お肌の内側からの潤いが保てなくなり、乾燥して、カサカサの乾燥肌になってしまうのは絶対に避けたいですよね。

③セラミドの重要性

乾燥しているお肌には、セラミドが不足していることが明らかになっています!
お肌の老化、アトピー性皮膚炎によって生じるお肌のカサつき、お肌のトラブルなど。
乾燥が引き起こす肌トラブルは日常的なものから重いものまで。

CX_DG052

アトピー性皮膚炎の人や乾燥肌の人は、もともと身体にセラミドが少ないため、お肌のバリア機能も低下しています。
せっかくの潤いが失われやすい肌環境にある、ということです。
潤いがなくなるだけではありません。

バリア機能が低下している、ということは、外部から化学物質などの有害なダメージをダイレクトに受けてしまうことに他なりません。

侵入が容易くなってしまえば、炎症や痒みなども起きてしまう可能性が高くなるんです!
でも、そんな悩みもセラミドで解決できるはずです!
意識的にセラミドを補えば、確実にバリア機能は向上します。
潤いを保つ機能も正常に近くなり、乾燥肌とさよならできる日もきっと近いはず♪

④セラミドが有名でない理由

いまでは少しずつその効果も知られていますが、やはり、お肌にはコラーゲンとヒアルロン酸のイメージが強いですよね!
どちらも保湿には欠かせない成分ですが、ここにセラミドが加われば、保湿効果は安定し、肌トラブルの少ないお肌を目指せるんです。
しかし、難点は、少し「高価」なこと。

これは、成分が確実に有効である証拠でもありますが、なかなかメジャーにならない理由でもあります。
天然セラミドは優秀で、非常に保湿効果がある成分なのですが、セラミドの性質上、とっても加工しづらい成分であることも事実なのです。
その性質とは、「水に溶けない」こと。
ですので、化粧品製造も一苦労なのは頷けますね。

ですが、安心して下さい!
製薬会社など、セラミドの加工に成功しているものもありますので、きっと自分にあったセラミドが見つかるはずです♪
ただし、セラミドにも合成セラミドなど種類がありますので、なるべく天然なものがおすすめですよ。