保湿力の王者「ヒアルロン酸」って?

高保湿と名高い「ヒアルロン酸」。
その由来は他を圧倒する「保水力」にあります!
ヒアルロン酸を知れば、保湿もどんどん楽しくなるかも♪
乾燥に負けない強い味方が、こんな近くにいるんですよ!

①ヒアルロン酸って何?

この成分、もともと人の身体の中にあります。ムコ多糖類という中の一つです。
その中でもヒアルロン酸は、保水力が抜群なんです!
どのくらい抜群なのかというと、「ヒアルロン酸1gで水約6リットル」も蓄えることができるんです!
まるで貯水ダム。驚きですよね!
人の身体の6割が水分であることを考えると…
ヒアルロン酸がなくてはならない大切な成分であることは納得ですよね!

②ヒアルロン酸の素敵な効果!

ヒアルロン酸は、細胞と細胞との間に多く存在しています。
そこで保水力を活かし、細胞同士がぶつかって傷まないようクッションのような役割を果たしているんです!
この働きによって期待できる効果としては、お肌の保湿性を維持することや、お肌のシワ、くすみ、たるみを予防すること。

お肌の保湿のためには必須成分なんですね!

しかもこの効果、お肌だけではありません。
関節がスムーズに動くように、骨と骨の間でクッションの役割を果たしたり、目の疲労回復の改善にも役立っているんですよ!
現代社会はPCや携帯電話などによって目を酷使されている方も多くいらっしゃいますので、これは嬉しいお知らせですね。

そして、守るだけではありません!CX_DG004
細胞の活性化も促しますので、身体のすみずみまで栄養が行き渡るお手伝いもしてくれるのも効果の一つ。
さらに、女性限定ではありますが、生理痛の緩和や、更年期障害の改善にも期待されているんです。
ヒアルロン酸は、保湿だけでなくさまざまな場面で私達を助けてくれている…
まさに万能成分ですね!

③ヒアルロン酸の減少により起こる症状って?

残念ながら、ヒアルロン酸も年齢を重ねるごとに減ってしまいます。
ヒアルロン酸の減少の特徴は、30代から急激に減少すること。
20代と30代で身体に変化が起きるのもこのためなんですね。
しかも、40代になるとその量は半分まで減少してしまうんです!
60代では、なんと25%まで無くなってしまうんです!

年齢は避けられないので、厳しい現実ですね。
これまで、いかにヒアルロン酸が優秀な成分であるかみてきましたが、なくなってしまったら、私達は一体どうなってしまうのでしょうか。
お肌の保水力もガクっと落ちてしまうので、みずみずしくハリのあるお肌ではなくなってしまうのは明白。
そして、保水力の低下は、シミやシワも引き起こします。

減少によって、20代ではそこまで気にならなかった肌トラブルが爆発的に襲ってくる可能性も!
その時になって焦って、お手入れが遅れてしまう、なんてことにもなりかねません。

お肌の以外にも、身体中のいろんなところで老化現象が始まり、関節痛や動脈硬化といった病気を引き起こしやすくなるなどのデメリットも。

④ヒアルロン酸だけを摂取するのでは意味が無い?

ヒアルロン酸は大切な成分ですので、確実に補いたいですよね!
でも、ヒアルロン酸だけを摂取しても、保水力は戻ってこないかも知れません!
実は、この成分、「コラーゲン」「エラスチン」と一緒に摂取することが望ましいんです!
「ビタミン」(特に保水力を高めるB2)と一緒に取ることも良いとされています。
ほかにも、ヒアルロン酸の保水力をぐんと高め、長時間効果的に働かせる成分の「コンドロイチン」などと一緒に摂ることも効果的です!
ちなみにコンドロイチンはヒアルロン酸と同じムコ多糖類の仲間なんですよ。

なぜ、他の成分と一緒に摂るのが効果的なのでしょうか?
それは、ヒアルロン酸が仲間と協力し合って、他の成分には真似できない高い効果を発揮するから。
チームプレイが得意なのがヒアルロン酸なんです!

逆に言えば、単独では効果半減どころか、発揮できない場合も。
実は、コラーゲンやエラスチンはお互いにい影響しあっている成分なので、どれが欠けてもだめなんです!
3つの成分のバランスがとれてはじめて高保湿なお肌が出来上がるんですね!