「コラーゲン」が乾燥肌に効く理由はコレ

保湿に欠かせないものの1つに「コラーゲン」がありますよね!
でも、コラーゲンって一体何なのでしょうか?
「なんとなく保湿効果があるのは知ってるけれど…」
「どうしてコラーゲンが良いんだろう?」
知ってるようで、意外と知らないコラーゲンについて、迫ってみましょう!

①コラーゲンって何?

コラーゲンはタンパク質です。
タンパク質といえば、体の組織をつくったり、生命を維持するために必要不可欠な栄養素のひとつですよね!
身体の中でアミノ酸となって、髪の毛や筋肉、皮膚、臓器、ホルモンなどに変身します。
まさになくてはならない栄養素ですね!

このタンパク質、実は、人の身体から水分を除いた約半分を占めています。
さらに驚きなのが、このタンパク質の約30%は「コラーゲン」ということ!
人が潤っているのはコラーゲンがあるからなんですね!

②コラーゲンってどこにあるの?

コラーゲンは、身体のいろんなところにあります!

HT179_350A

約40%が皮膚、約10~20%が骨や軟骨、その他に血管や臓器など、それはもうあちこちに。
コラーゲンが元気ということは、それがある場所も元気になるということ。
皮膚に豊富に含まれるコラーゲンは、お肌の保湿にももちろん関係していますよ!

③コラーゲンの凄い力!

コラーゲンには「細胞同士を結びつける」働きがあるんです!
皮膚や関節の至るところで、コラーゲンはその働きによって弾力のある強い組織をつくります。
細胞同士を結びつけ、支えを作っているんですね!

肌の保湿にコラーゲンがいいといわれるのは、そのしっかりとした支えづくりに加え、肌の細胞と細胞の隙間に入りこみ、皮膚に潤いを与え、ハリ、弾力のある肌にしてくれるからです。
どんなに潤っても、それをしっかりとキープする受け皿がなければ、潤いは簡単に逃げてしまいます。

また、関節でみてみると、関節と関節の間に弾力のあるクッションがつくられることで、どんなに走ってもジャンプしても、痛くないというわけなのです。

まさに、コラーゲンなくして保湿なし!
コラーゲンはお肌だけではなく、全体の保湿にも役立っているんですね!
私達が豊かに生活できるのも、このおかげ。
コラーゲンは縁の下の力持ちといえるでしょう。

④減少するのみ?

欠かせないコラーゲンですが、20歳を過ぎると減少するのみ。
コラーゲン自身、減少しまいと頑張りますが、60代では75%にまで落ち込みます。
また、その数だけではなく、年齢を重ねるごとにその質も低下してしまうんだとか。
しかも、質の低下の原因は加齢だけではありません。
紫外線やストレスによって発生する活性酸素によっても、コラーゲンの質は低下してしまうんです!
質の低下は、変質したコラーゲンの増加につながり、代謝スピードもスローに。
つまり、新しいコラーゲンがつくられにくくなってしまうんです!
数は減少する一方なのに、増加が追いつかないということになります。
肌のハリが無くなったり、骨や関節がもろくなるのはこのため。
それだけではありません!コラーゲンは人の身体に広く存在していますから、減少すると、例えば血管などにも影響し、動脈硬化を引き起こしたりするのです。

⑤増やそう!みずみずしくハリのあるお肌へ!

今では技術も発達し、化粧品からサプリメントまで多種多様にコラーゲンを摂取できるようになっています。
しかし、残念ながらそのすべてが効果的というわけではありません。
お肌の乾燥のためにも、是非コラーゲンは摂取したいところ!
化粧品で補うためには何に注意するべきなのでしょうか?
注目するべきは「コラーゲン」の分子の大きさです!

実はコラーゲン、分子が大きいので、そのままではお肌に浸透していかないんです!
これでは直接届きませんね。
化粧品を選ぶ際は、是非この分子の大きさを確認して下さい!
ナノ化してある化粧品などは、浸透しやすそうですよね!

化粧品選びは、ただ配合されていればいいというわけではなく、浸透力が一番重要なんです。
難しければ、食品で補うのもひとつの手!
ハリ、弾力のあるお肌にはコラーゲンが必須ですから、上手に摂り入れていきましょう♪